HOME > 商品一覧 > 創業の味 大雪

創業の味 大雪

創業の味 大雪
創業の味 大雪
創業当時の仕上げ製法の手揉み製法
創業の味 大雪
新芽の香りと茶師の火入れの香りの絶妙な仕上がり
創業の味 大雪
2代目茶師荒川嘉一の名が記された飛鳥茶園開墾の石碑

 創業の味大雪をご購入のお客様へ

創業の味大雪は伝統の深蒸し掛川茶です。『深蒸し茶ってどんな味でしょうか?』『掛川のお茶をはじめて飲みます。』と言う方に是非お勧めしております。香り・味・水色共にバランスよく仕上がっております。初めてのお客様はぜひ創業の味大雪をお飲み下さい。

初代茶師荒川耕一の三力の教えを継承する味

昭和7年、初代茶師 荒川耕一によって、創業された掛川一風堂(当時は荒川商店)が、 創業の味として先祖代々継承してきた、私たちの原点とも言えるのが、【創業の味 大雪】です。
当時は、養鶏・稲作・茶栽培の専業農家でありました。当時の掛川は一流のお茶産地とは言えず、 近隣には川根・遠州森町といった有数のお茶産地に囲まれている中で、決して豊かな生活ではありませんでした。 そんな中で培われてきた緑茶栽培・仕上げに対する三つの教え【土力】【技力】【心力】というこだわりを、 後世に伝えるためにあるのが、【創業の味大雪】なのです。掛川一風堂を代表する深蒸し前茶であり、必ずお客様に満足していただける美味しさを お届けする事を運命付けられた商品でもあります。



創業の味大雪は、特に初めて掛川茶を飲まれる方にお勧めしております。その理由としては、どなた様でも美味しく召し上がって頂けるように仕上げております。高級煎茶に在りがちなのは、『味が渋いくてきつい』 『色が薄くて味も薄い 』など、淹れ方によって美味しさが損なわれてしまう事です。そこで創業の味大雪には、多少淹れ方が間違っていても一定の美味しさがお届けできるよう、使用する荒茶の選定から仕上げ方法まで丁寧に吟味しております。ぜひとも、掛川の深蒸し茶を代表する味『創業の味大雪』をご賞味下さい。

購入する

先祖代々継承される創業の味

創業の味大雪は、掛川名産の深蒸し煎茶を代表する緑茶です。創業の味として代々受け継がれてきたその味は、言葉では表現し難いものです。美味しさとはその時代によって常に変化・進化するものであり、10年前の美味しさが現在と同じかと言えば、そうとも限りません。
よって、常に時代の変化美味しさの変化を捉え、かつこれまで蓄積してきた創業の教えを守成することが求められているのです。

お茶屋としての原点
『この遠州掛川の地に新しい特産品をつくらにゃならん!』

昭和7年、掛川一風堂(当時は荒川商店)は初代茶師 荒川耕一によって創業されました。創業当時は、養鶏・稲作・茶栽培の専業農家でありました。当時の掛川は一流のお茶産地とは言えず、 近隣には川根・遠州森町といった有数のお茶産地に囲まれている中で、決して豊かな生活ではありませんでした。


初代大雪の入日記。
初代は茶箱に入日記をのりで貼って出荷していました。
そんな環境下において、お茶の栽培を地元桜木に定着させようと言う呼び声から、桜木地区(掛川一風堂の会社所在地です。)に桜木農協が発足され、少しづつですがお茶の流通が始まっていきました。初代茶師荒川耕一もこれに尽力し足繁く農協へ出向きお茶栽培・製茶に尽力したそうです。現在の深蒸し茶の商品も全ては第一歩が始まりです。
そして後に荒川耕一が残した三つの教え【土力】【技力】【心力】というこだわりを 引き継いだ私達が世に送り出しているのが、【創業の味大雪】なのです。

第2創業期
『たのむ!水道の味に負けないお茶を作ってくれ!』

戦後の高度経済成長の真っ只中の昭和30年代、経済の発展と共に大規模な開発が行われ、利便性と生産性は向上したのですが、それと同時に生活環境が悪化し飲用の水道水からも『カルキ臭』がするようになってしまいました。


歴代の大雪です。
(左から2代目・3代目・現在の4代目)
これに伴い当店の取引先であった首都圏のお茶専門店からは、
『最近のお茶が匂うと言われるんだ。これはお茶の匂いではなくて、水道の匂いなんだが、中々納得してくれんのだよ。そこでなんだが、これを何とかしてくれるか?』

そんな環境から生まれたのが深蒸し製法でした。当時、掛川周辺のお茶は長い日照時間、分厚い茶葉、渋みと苦味がある、と言うことで全国的に余り好まれないお茶でした。その分厚く渋味と苦味のある茶葉を、長く蒸す製法深蒸し製法によって美しい水色・濃厚な甘味のある味・新芽の香りを実現させることが出来ました。もちろん大都市圏でも水道水に負けない美味しさが味わえると評判になりました。

第3創業期
『今の味が落ちたらもう買いませんからね。』

そして、現在。食べ物も飲み物も多様化し、お茶は日本国民定番の飲み物から、消費者から選ばれる飲み物となりました。お茶だけでなく、様々な飲料製品の中から当店の深蒸し茶をお選び頂くには、これまで以上に美味しさに磨きをかけて行かねばなりません。

そんな環境下において、多くの皆様に掛川名産の深蒸し茶をご愛飲頂いております。
『色がとても綺麗で美味しい』
『探した甲斐があり、とても美味しいです。』

と好評を頂いております。
時には『今の味が落ちたらもう買いませんからね。今の味をずっと届けてください。』と、厳しくも嬉しい声を頂きます。私たちから見れば、毎日触れる商品でありお茶ですが、お客様からすれば選び抜いて下さった商品・お茶なのです。
ご縁があってお買い求めいただきましたお客様皆様のご期待に応えられるよう、日々努力して参ります。

購入する
創業の味大雪は、私たちにとってとても大切な創業の味です。上品な味と美しい水色、そして新芽の香り。掛川の深蒸し茶を代表するお茶です。初めて深蒸し茶を飲まれる方・初めて掛川茶を飲まれる方に是非お勧めしております。贈答品としても人気ある商品です。

「創業の味 大雪」に関してのQ&A

創業の味大雪を美味しく淹れるためには、湯冷ましをかけてください。お湯のみに熱いお湯を注ぎ10秒ほど待って茶葉を入れた急須へ注いでください。
創業の味大雪を美味しく淹れるために、廻し注ぎの回数はおよそ5~6回に分けて注いでください。(濃い味を出したい時は回数を増やし、さっぱり味でしたら少ない回数で淹れてください。)
創業の味大雪は一番茶期に収穫された茶葉を使用しております。どんなお菓子や果物やお漬物にも合いますが、特に相性がよいのは、和菓子・上生菓子です。

「創業の味 大雪」淹れ方

創業の味大雪は一番茶前半の収穫期に摘まれた深蒸し掛川茶の一番茶です。まず、急須に茶葉を入れます。分量は規定通り3グラム1人前・5グラムで3人前です。茶葉を急須に入れます。湯冷ましをかけてください。お湯のみに熱いお湯を注ぎ10秒ほど待って茶葉を入れた急須へ注いでください。お湯呑にとることでおよそ10度温度が下がります。また、湯飲み茶わんを温める効果もあるので、淹れたお茶が冷めにくくなります。

そして次にお湯を急須へ注ぎます。お湯を湯呑へ注いだらすぐに蓋をします。この時しっかり蒸らさないと香りが出せず美味しさを失ってしまいます。
蒸らす時間は約10秒です。

次は廻し注ぎです。創業の味大雪を美味しく淹れるために、回し注ぎの回数はおよそ5~6回に分けて注いでください。(濃い味を出したい時は回数を増やし、さっぱり味でしたら少ない回数で淹れてください。)

2煎目を入れる時は急須の網の反対側をポンと叩き、網についた茶葉を落とします。
そこへお湯を注ぎます。この時のお湯は湯冷ましを軽くかけます。(1煎目と同じ要領です。)
冷める前にお召し上がりください。

購入する
お問い合わせ

このページのTOPへ