HOME > 新茶と年間販売用茶の違い

新茶と年間販売用茶の違い

予約新茶とは・・・

立春から数えて八十八日。
新茶の摘み取りが盛んになるのが八十八夜です。

掛川一風堂では、この春先に取れた新茶を、
いち早くお届けするために予約制度をとらせて頂いております。
大きな違いは、新芽の香りや鮮度を生かす製法で仕上げており、季節限定の商品です。

販売期間は4月下旬頃から、6月末までとなっております。

年間販売用の深蒸し茶とは・・・

一年間を通じて、安定した美味しさをお届けできるよう低温冷蔵庫で窒素充填され保存されたお茶を注文毎に仕上げております。
春先の予約新茶とは違いしっかりと火入れを行う、
茶師の香りが作り出す香りが特徴の深蒸し茶です。

販売期間は一年間を通じて販売しております。

予約新茶と年間販売茶の見分け方

注文後に返信されてくるメールにて確認ができます。
下記の例をご参考にしてください。
予約新茶には、商品名の前に【新茶予約】の文字が入ります。

▼注文情報
(1) 200018 【新茶予約】創業の味 大雪 100g×1本 (税込)
\1,080 × 1 = \1,080
(2) 200004 遠州掛川茶ティーパック (5g×15P)×1本 (税込)
\1,260 × 1 = \1,296
(3) 200020 【新茶予約】茶畑そだち 特上荒造り茶 100g×1本 (税込)
\864 × 1 = \864
--------------------------
小 計 : \3,240
送 料 : \0 (送料サービス)
合 計 : \3,240

※ 予約新茶送料の件 ※
上記のご注文の場合、
予約新茶と同じ日程で発送の場合は送料無料となります。
個別に発送する場合は、それぞれ送料が発生します。(432円)

お問い合わせ

このページのTOPへ